免許短期取得

自動車免許の種類

まずは自動車免許の種類はかなり多くあります。第一種と二種があり、第一種だけでも9種類の免許があります。では第一種の免許はどういったものがあるのでしょうか。

第一種自動車免許

まずは原付の免許です。これは16歳以上であれば比較的短期間で取得できますが、乗れる物は原付バイクに限られています。小型特殊免許も同様16歳以上であれば運送会社や建設業者が使う小型の重機のみの運転が可能になる免許です。次に普通二輪免許ですが16歳以上から取得でき、この免許があれば、普通自動二輪バイクや原付バイク、小型特殊自動車の運転が認められます。同じ二輪のバイクでも大型二輪と大型特殊免許は18歳以上でないと取得はできません。次に一般的な普通免許について説明します。この免許は18歳以上であれば、普通自動車の運転と小型特殊自動車、原付バイクの運転が許可されます。中型の自動車免許は20歳以上から取得が可能で車両の総重量が5千sから1.1t未満のトラックなど運転できます。大型の自動車免許は21歳以上から取得が可能で1.1t以上大型トラックを運転できるようになります。

第二種自動車運転免許

第2種運転免許というのはタクシーやバス、旅行会社のバスの運転、など人を乗せて運賃をもらう方が取得する免許のことです。この免許は21歳以上で大型から普通免許までのいずれかの免許を取得して3年以上が経過していないと取得ができません。
この運転免許証は都道府県の公安委員会が交付して、道路交通法の元に免許のない人は自動車、自動二輪車は運転をしてはいけないと定めるために作られました。免許証は顔写真つきの公的書として扱われるので、多くの身分証明を必要とする場面本人確認としても使用されています。本住所や本籍を載せる必要があるので、原則的に住民票のある住まいが必要とされます。2010年からは個人の前科や詳しい情報をICチップに登録し発行されています。こうすることで、本来記載されていた本籍欄がICチップ内に保存され、免許証上は記載しないことが可能になりました。個人情報の保護を優先しようという試みですね。
道路上で警察官に事情聴取や違反・罰則などで聴取を受けた場合は速やかに提示する義務が定められています。身元確認のためと犯罪抑制のためですね。しかし、見せて内容を確認するだけでいいので、渡す必要はありません。
長々と免許について説明をしましたが、少しは知識の足しになりましたでしょうか。皆さん安全運転に心がけて事故のない世の中を目指したいものですね。

 

短期間で安く免許を合宿でとるならこちら!